できたての企業に打ってつけな電話代行の真実

オッケーポーズをする人

営業支援のために

SFAを企業として導入するメリットは、営業側との綿密な共有をせずとも、営業活動の状況などを可視化することができ、設備投資などの判断に使えます。個人で管理していた顧客情報を共有して、営業担当をサポートしましょう。

受話器を持つ女性

人件費を減らせるサービス

会社を設立する場合に抑えたいのが人件費です。留守中に重要な商談の電話が入ることもあるので、電話代行サービスを利用します。東京には多くのサービス会社があるので、業種に応じた選び方が必要です。24時間対応や休日対応サービスなどがあります。最近注目されているのはオーダーメイド型の代行サービスです。

オフィスワーカー

事業展開を図れる

様々な事業展開を図るのなら、それを得意とする会社に運営代行をしてもらうと手間が省けて楽です。また、その道に長けているからこそ、手軽に事業を拡大できるようになります。このような会社が最近はとても増えてきています。

大事な電話を逃がさない

レディ

電話番をアウトソーシング

数あるアウトソーシングサービスの中でも小規模事業者、特に1人起業家などを中心に人気が高いのが、電話代行です。電話代行とは、自社にかかってきた電話をサービス事業者に転送し、専門のオペレーターに代理応答してもらえるサービスです。応答内容は原則としてただちにメールで報告されるので、外出先でも内容を随時確認することができます。社員が不在の間だけ利用し、戻ってきたら設定を解除するといった具合に、簡単に切り替えが可能です。電話代行がスモールビジネスの世界で選ばれている理由は、2つあります。1つは、電話代行を利用することで大事な電話を取り損なわずに済むという点です。特に新規の顧客の場合、せっかく電話をかけても誰も出なかったり、機械的な留守番電話の応答しか得られなかったりすれば、仕事の依頼を他社に回してしまうといったリスクがあります。せっかくのビジネスチャンスを逃がさないためには、社員が外回り等で出払っている間もきちんとした電話対応ができる体制を整えておくことが非常に重要です。もう1つの理由は、経済的な優位性です。大事な電話を確実に取れるようにするには、留守番要員を確保するという解決策もあります。しかしそうなると、当然のことですが給与や諸手当等の支払いが必要となります。電話代行を利用すれば、人員を直接雇用する場合に比べて低いコストで「電話番」を確保することが可能になります。しかもオペレーターは電話対応のプロとして訓練を受けているため、利用当初から高い接遇マナーが期待できます。